ブログ

アガベシロップ

ホームベーカリーでよくパンを焼きます。

いつも、砂糖の代わりにアガベシロップを使います。

私は、エステプロラボのアガベシロップを使っています。

アガベシロップとは、メキシコや南アフリカで多く栽培されている、観葉植物、”リュウゼツラン”の茎からとれるシロップです。

天然の甘味料で、砂糖よりも1.5倍の甘さがあるにもかかわらず、GI値が21、という、驚きの低さなんです。

GI値とは、糖の吸収の度合いをしめすもので、食後2時間までの血糖値の濃度をはかったものです。

GI値21とは、もやしがGI値22なので、もやしよりも1低い、ということが分かります。

ちなみに、

上白糖・・・99

食パン・・・95

じゃがいも・・・90

うどん・・・85

精白米・・・84

アイスクリーム・・・65

玄米・・・56

納豆・・・33

牛乳・・・25

もずく・・・12

 

GI値は、インターネットで一覧が出てくるので、簡単に検索できます。

血糖値の急激な上昇により、血中の、消費エネルギーを超えた糖分が脂肪細胞へと運ばれ、脂肪細胞が肥大化していくので、太ります。

また、血糖値は急激に上昇すると、落ちるときも一気に下降するそうで、また甘いものを求めてしまい、中毒性があります。また、情緒が不安定になる原因になるそうです。

料理に使う砂糖は、上白糖でなく、アガベシロップをおすすめします。

アガベシロップは自然食屋さんでも購入できますし、サントリナでも販売しております!

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る