ブログ

お腹痩せのお話

お腹痩せのお話

2019年5月8日(水)

5月のトピックは、「お腹痩せ」です。
気になるぽっこりお腹、くびれのないウェスト、ドラム缶体型…。
諦めず、ぜひ、女性らしい、曲線美を描くようなくびれを作りましょう。
 

美容だけでなく、健康にも悪影響の「ぽっこりお腹」

既製服の女性のMサイズは、ウェストが63cm〜66cmくらいに作られています。
ウェスト周りが80cm以上でメタボと診断されます。

それ以上であれば、危機を感じて、早めにダイエットに取り組んだ方がいい数字です。
プロポーションも大事ですが、それ以上に、健康に害が出やすくなると言われる数字だからです。
今、出なくても、数年後に影響が出てくるかもしれません。
食事、生活、運動の見直しと、改善に向けての気持ちが必要です。
 

ウェストのくびれを作る

くびれに関係してくるのは、外腹斜筋と、内腹斜筋です。
サイドにある筋肉で、普段あまり使われない部分ですが、
斜め前屈、または斜めにひねるような腹筋運動で鍛えられます。
 

下腹を引っ込めるには正しい姿勢と体温UP!

「ぽっこりお腹」の原因ともいえる、ぷよぷよしたお肉の部分。
ここは、腹横筋が関係します。
姿勢を良くしている時にしか使われない筋肉なので、「正しい姿勢」が大事です。

腹横筋は、「ぽっこりお腹」をおさえて、骨盤底筋 (尿もれに深く関係している部位)に連動しています。
運動不足から、近年は若いのに尿もれの悩みを持つ方が増えているそうです。

また、下腹は内臓脂肪も関係してきます。
冷えていると脂肪がつきやすいので、体温を上げていきましょう。
 

ストレッチマークを消したい

ストレッチマークとは、「妊娠」や「急激な体重増加」によって出来てしまう<肉割れの線>のことをいいます。
表皮の基底層から損傷しているので、一度できると消えないと言われています。
しかし、「目立たなくする」ことは可能です!
それには、<サロンケア>と<ホームケア>の両方を行うと効果的です。
 

サロンケアの後はセルフマッサージを

<サロンケア>でトリートメントしたあとは、ご自宅でも毎日<ホームケア>を行なっていただくことが大事です。
滞らないように、毎日リンパを流すようなマッサージをします。
マッサージの方法については、サロンでお一人お一人に詳しくお伝えしています。

特に「お腹」はむくみやすい部位。
座りっぱなし5時間で、ウェストが5cm増えると言われる(!)ほど。
また、クリームやオイルを使用しマッサージすると、肌の乾燥も防げます。
保湿を習慣にすると、肌が潤い、皮膚細胞のターンオーバーも活発になります。
その結果、見た目も若々しいきれいな肌になります。
 

エクササイズ も同時進行で!

サロンの効果を上げるためには、エクササイズは欠かせません。
毎日少しずつでも構いません。
適度な運動は、【ストレス発散】にもなります。
お腹痩せご希望であれば、腹筋を鍛えるようなエクササイズをお勧めします。
サロンにお越しいただいた方には、簡単で効果のあるエクササイズの方法をお伝えしています。
 

お腹痩せに「リラクゼーション」は不可欠

特にお腹周りのダイエットには、【ストレス】が大きく関係してきます。
実は、ストレスによって出る「副腎皮質ホルモン」が脂肪燃焼を妨げてしまいます。

またストレスにより、脳がエネルギーを消耗します。
脳は唯一糖質をエネルギーとしていますので、足りなくなった糖質を摂取したくなるような指令が出るそうです。
間食に甘いものに手を出してしまわないように、1日の中でリラックスできる時間を持てるよう工夫してみてくださいね。
 

「ぽっこりお腹」に効く!おすすめメニュー

5月は、<集中お腹やせプログラム>として特別メニューを作りました。
こちらは、5月中のお申込みになりますので、ぜひ、ご覧ください。

*集中お腹やせプログラム*
全4回(週1〜2回程度)の特別なコースです。
行程は5つ。

①セルライトつぶし(固いセルライトとまわりの老廃物を柔らかくしながしやすくします)
②ハイパーナイフ(冷えた脂肪をあたため、老廃物を分解)
③ハイパーシェイプ(溶けやすくなった脂肪と深い部分のセルライトをほぐして筋膜の位置を整えます)
④EMS(寝たままで腹筋500回相当の運動)
⑤リンパマッサージ (流れやすくなったリンパを流してシルエットをメイキング)

施術時間 :45分
回 数  :4回コース
金 額  :¥49,800
プレゼント:ハイパーノンFクリーム付き


 
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る