ブログ

美容と睡眠のお話

睡眠について

2016年11月9日(水)

今回は、睡眠についてお話しします。
毎日忙しく過ごしている私たちにとって、睡眠時間の確保は難しい問題です。
 
睡眠時間が少なくなると、
(1)肌が荒れる
(2)頭痛がする
(3)やる気の低下
(4)気持ちが沈む
(5)疲れやすい
など、肌や身体に不調が出てきますよね。

 
では、何時間眠れば、身体にとって十分と言えるのでしょうか?
 

質の良い眠りとは?

睡眠「時間」より、睡眠の「質」が大事、とよく言われますよね。
では睡眠の「質」とはどういうことでしょうか。
 
ノンレム睡眠とレム睡眠
眠りには、深い眠りの<ノンレム睡眠>と、浅い眠りの<レム睡眠>の2種類があります。
入眠してすぐは、深い眠りの<ノンレム睡眠>、その後60分から80分で浅い眠りの<レム睡眠>に移り、10分から30分続きます。
この約90分前後の眠りのサイクルを一晩に4〜5回繰り返します。
このサイクルがうまくいっていて、ちょうど<レム睡眠>のタイミングで目覚めることができると、スッキリ起きることができます。
これが「質」の良い眠り、と言えます。
 

質の良い眠りのために環境を整える

液晶画面
眠る1〜2時間前には、テレビを消して、スマホやパソコンを見ないようにすること。
これは、脳が刺激されて興奮状態になるのを防ぐためです。
メールのチェックなど、仕事に関係することもあるので難しいかもしれませんが「質」の良い眠りには大事なことです。
 
食事
眠る3時間前には食事を終わらせるようにします。
胃に食べ物が残ったまま眠ってしまうと、消化不良で朝起きた時に胃もたれを感じたりします。
また、消化活動中に入眠すると、脳が活動状態で、深い眠りに入れないそうです。
 
お風呂
眠る1時間前に入浴すると、体が温まり、血流が良くなります。
リラックス度も高まり、寝つきも良くなります。
 
部屋を暗くする
眠る時、部屋が明るいと、脳は昼間だと勘違いして活動モードになります。
常に浅い眠りのまま、しっかりと深い眠りになれず、睡眠のサイクルがうまくいきません。
 
BGMやアロマの香り
自分にあった、よりリラックス出来る環境を整えて眠ることも大切です。
心配事などがあってもクヨクヨ考えず、出来るだけ落ち着いた気持ちで入眠出来るのが理想ですね。
 
睡眠のサイクルがうまくいくように、そして眠りの環境を整えて「質」の良い眠りを目指したいですね。
それが、美容や健康に関しても良い結果につながります。
こちらについては、次回詳しく説明したいと思います。
 
眠りが浅い、寝つきが悪い時、日中の緊張が強い時は、緊張をほぐして気持ちよく入眠出来るように心身ともにリセットしましょう。
 

緊張をほぐして気持ちよく入眠出来る!おすすめコース

*アロマテラピー*
お客様の体調やご気分に合わせた精油をお選びし、トリートメントを行います。
ベースには、上質なホホバオイルを使用します。
アロマテラピーは、無理なく心と体の疲れを癒し、パワーとバイタリティーを与えてくれます。



 
 

お肌のゴールデンタイム

2016年11月14日(月)

お肌のゴールデンタイムとは?

お肌のゴールデンタイムは22時から翌2時、と言われています。
22時〜翌2時が「お肌のゴールデンタイム」と言われる理由は、
入眠直後に「成長ホルモン」が多く分泌されるので、そう呼ばれるようになったようです。
 
このゴールデンタイムについて、今回は考えてみたいと思います。
 

美容と健康に大切な要素「成長ホルモン」

「成長ホルモン」は、運動した後や、脳が休息状態にある睡眠中に多く放出されます。
とくに、深い眠りに入った時、大量に放出されます。
寝つきが悪かったりすると、その分泌が減ってしまいます。
 

【成長ホルモンの働き】
・ストレスをリセットする、記憶の整理
・傷ついた細胞の修復
・免疫力アップ
・アンチエイジング、美肌効果
・脂肪の代謝促進
・身長が伸びる

 
「成長ホルモン」は、20歳以降減少していきますが、大人にも必要なホルモンなので分泌されています。
睡眠不足などで分泌がされなくなると、老化が始まります。
忘れっぽくなったり、肌荒れ、風邪をひきやすくなり、太りやすくメタボ傾向に…。
発ガン率も上がるそうです。
 

「成長ホルモン」を分泌されやすくするには?
実は、とくに難しいことはありません。
「(タンパク質のしっかりとれる)バランスの良い食事」と、「質の良い睡眠」が満たされると、分泌されるそうです。
美容にも健康にも、早寝早起きが良いことは当たり前ですよね。
美容と健康のためにも、この時間帯には布団に入るように心がけましょう。
 

大事な「睡眠ホルモン」、メラトニン

メラトニンは、脳の松果体から分泌される「睡眠ホルモン」です。
光によって調節されます。
朝起きた時の太陽の光で体内時計がリセットされ、15〜16時間でまた分泌が始まり、心地よい眠りへと導きます。
しかし…
・加齢
・夜間の仕事
・夜更かし
・暴飲暴食
・夜間のスマホ、PC
・運動不足

これらが原因で、メラトニンの分泌は著しく減少します。
 
メラトニンが不足するとどうなるのでしょう?
体内時計が乱れ、自律神経が狂い、体調にも影響があります。
また、不眠症、うつ病を発症します。
 
メラトニンの分泌を高めるためには、
・起きる時間一定にする
・朝はカーテンを開けて光を浴びる
・規則正しい生活送る

このことを心がけ、「質の良い睡眠」をめざしましょう。
 

メラトニンの分泌に『ケイ素』がおすすめ!

年齢とともに減少するメラトニンの分泌には、サントリナで販売している『ケイ素』が大変効果があります。
寝付きが悪かった方がよく眠れるようになったり、夜中に何度も起きて眠りの浅かった方が朝までぐっすり眠れるようになった!という話をお客様からよくお聞きします。
 
寝付きのよくない方、浅い方など、何か少しでも思い当たる方は、ぜひ、一度『ケイ素』をお試しいただければと思います。
 

お得な『ケイ素』のセットorコースチケットを販売中!

お得になるメニューを2つ用意しております。
 
1)2ヶ月利用分(ケイ素4本)で、通常36,000円が→34,000円(2,000円お得)のセット
2)フェイシャルと『ケイ素』がセットになったお得なコースチケット

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
*コースチケット*
▽1ヶ月半コース
生コラーゲン(¥13,500)x3回+【ケイ素1本】・・・¥43,000(¥6,500お得!)
▽3ヶ月コース
生コラーゲン(¥13,500)x6回+【ケイ素2本】・・・¥80,000(¥19,000お得!)
 
 

睡眠不足と肥満

2016年11月21日(月)

 
睡眠不足は太ります。
その訳は、睡眠中に放出されるホルモンからの影響です。
前回、睡眠中に「成長ホルモン」や「メラトニン」が分泌されることに関して説明しましたが、他にも分泌されるホルモンがあります。
特に肥満に関連してくる4つのホルモンについて紹介します。
 

肥満に関連するホルモン・(1)コルチゾール

明け方から起床後30~60分の間に大量に分泌されるホルモンで、脂肪を燃焼させます。
一晩で300kcalほどの消費カロリーがある、と言われています。
「ストレスホルモン」と呼ばれ、副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンです。
ストレスにより分泌が過剰になると、自律神経系、内分泌系に悪影響があります。
 

肥満に関連するホルモン・(2)レプチン

食欲を抑えるホルモンで、食後20分頃から分泌されます。
脂肪が多いと分泌量も増えます。
しかし、睡眠不足になると分泌量は減少してしまいます。
減少すると、満腹のサインがうまく脳に伝えられず過食気味になり、肥満傾向になってしまいます。
 

肥満に関連するホルモン・(3)グレリン

胃から分泌される食欲を増すホルモン。
甘いものなど、高カロリーの食べ物が食べたくなります。
また、睡眠不足になると分泌量が増えます。
 
睡眠不足になるとレプチン・グレリンのバランスが崩れ、肥満になりやすくなります。
自分の意思ではホルモンの量は調節出来ません。
太らないようにするためにも質の良い睡眠を取れるように心がけましょう。
 

肥満に関連するホルモン・(4)セロトニン

「幸せホルモン」とも呼ばれています。
食欲を調節する働きもあります。
不足すると、うつ病、不眠症になりやすくなることが知られています。
セロトニンが増えるとダイエット中の精神状態も安定して、過食ややけ食いなどを防げます。
それとともに筋力が上がるので、シワ・たるみ・アンチエイジングには欠かせません。
女性ホルモンとも関連があります。睡眠不足になると分泌が減少します。
 

「質の良い睡眠」でキレイに

きちんと睡眠がとれていると、運動や食事制限無しでも痩せた、という実験結果もあるほど。
忙しくて時間がなくても、しっかり「質の良い睡眠」を確保していきたいですね。
 

ストレスをリセット!入眠しやすくなるおすすめメニュー

*アロマテラピー*
お客様の体調やご気分に合わせた精油をお選びし、トリートメントを行います。
ベースには、上質なホホバオイルを使用します。
アロマテラピーは、無理なく心と体の疲れを癒し、パワーとバイタリティーを与えてくれます。



 
 

*スリミング*
スリミング効果の高いオイルで全身のリンパドレナージュをして、老廃物を一気に流します。
むくみ、セルライトにはたらきかけ、すっきり感は翌日以降、更に実感していただけます。


 
 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る