ブログ

アンチエイジングの話

目元のアンチエイジング

2015年11月1日(日)

今月のテーマは「アンチエイジング」。
今週は、「目元」の老化と対策について考えてみましょう。
 

人の印象は目で決まる!しかも、6秒で。

アンチエイジングで最も力を入れたいのが、目元ではないでしょうか?
人の印象は目で決まる、と言われています。しかも、6秒で!!!
 
日本はアイケア化粧品(アイライン・マスカラ・アイシャドウ…etc)の売り上げが世界第2位だそうです。
アイラインをクッキリ描いて、まつ毛をくるっと長く見せるためのコスメが多く売れるというのは、目元の老化をごまかして、若く見せたいと思う人が多いということでもあります。
 
でも、目の老化はどうして起こるのでしょう?
 

目の老化の原因とは?

それほど多くの人の悩みである、目元の老化。
目元の老化は、目のクマ、シワ、たるみ、しみ、くすみ、色素沈着などありますが、メイクをせずにこの問題を解決出来たら、印象はずいぶん変わると思いませんか?
 
目の老化の原因として、
1,PC、スマホの使い過ぎ
2,ストレスによる血行不良
3,姿勢の悪さによる血行不良
4,大気汚染
5,食事、睡眠、ライフスタイルの乱れ

が考えられます。
 

「目の周り」は汗腺、皮脂腺がほとんどなく、乾燥しています。
そして、「皮膚の薄さ」は他の部位の4分の1。
「まばたき」は、15000~20000回/1日と言われています。
他より弱い部分なのに、毎日酷使されているのです。
 
PCやスマホなど、近い所を見る際に使われる筋肉は、僧帽筋、肩甲骨にも関係してくるので、肩こりの原因にもなります。

では、目元のアンチエイジングのためにはどうしたらいいのでしょうか?
 

目元のアンチエイジングのために出来ること

目元のアンチエイジングのために、以下7点の取り組みをしましょう。
 
目をいたわるためにこの3点、
1,極力、PC、スマホの時間を短めに
2,目元の保湿
3,目の周りのツボを1日に何度か刺激(眼球のくぼみに沿って)

 
そして、今までのトピックでも何度も申し上げているとおり、
4,質の良い睡眠
5,バランスのとれた食生活
6,適度な運動(これが1番難しいかもしれません)

 
それから、
7,体重×40ccの水を毎日とること
 
血行を良くして酸素を多く取り入れ、目のまわりに水分を補い、ゆっくりと休ませてあげることが大事です。
 

目元の老化に驚くほどの効果!アイケアコース

12/5からスタートするアイケアコースは、まさにこの問題を解決できる内容です。
私は9月にこの商品の発表があったとき、本当に驚きました。
ぜひ、多くの方に体験していただきたいです。
 
そして、上記の約束事をせめて1週間守っていてだけたら、全く違う目元と体調を実感していただけると思います。
 
アイケアスペシャルコース  ¥10,000
オンライン予約は出来ませんので、メールフォームからお申し込みください。
 
<事前受付・半額キャンペーン実施!>
11月中に12月5日~31日のご予約をしていただけますと、アイケアコースを
半額の¥5,000
で承ります。
ご予約お待ちしております。

メールフォームでのお問合せ

頭皮のアンチエイジング

2015年11月17日(火)

抜け毛・細毛・白髪、コシがなくなった、毛のボリュームダウンでお悩みの方が増えていると、先日雑誌でも紹介されていました。
今回は、頭皮のアンチエイジングについて、書いていきます。
 

美しい頭髪は永遠の憧れ

女性にとって、美しい髪への憧れは永遠のテーマです。
30代以上で、ヘッドスパ、ヘッドケアを受けたことがある女性は年々増加しているそうです。
仕事やストレス、生活習慣の変化などで、頭皮の悩みも若い世代から感じられるようになってきたからと考えられます。
 

皮脂の酸化を防ぐためにしっかりと頭皮のケアを

頭皮のケアをするうえで、次の3点が重要になってきます。
 
1)毛髪のサイクルは約2~6年
2)抜け毛の原因となる、酸化皮脂をためない
3)毛髪が健康に成長出来る環境

 
酸化した皮脂が頭皮に及ぼす影響として、
▶︎頭皮のニオイ
▶︎頭皮のベタつき

があります。
 
毛穴や根元に付着した皮脂が酸化して、ニオイの原因になります。
また、酸化脂質は抜け毛の原因にもなります。
毎日シャンプーをして、清潔に保ちましょう。
 

ハリ、コシにはやっぱり血行促進!

ハリ、コシの低下については、毛を立たせるのに活躍する立毛筋という筋肉の衰えがあります。
寒くて鳥肌が立った経験は皆さんあると思います。

鳥肌が立つのは、立毛筋の働きによるものなのですが、血行不良や加齢により徐々に衰えてくるそうです。
日ごろから、頭皮を揉みほぐして血行を促進させましょう。
 
とくに、硬くなりやすい前頭部・頭頂部をしっかりほぐすと全身の血行がよくなり肩こりや腰痛まで楽になります!
 

毛の成長に大切なのは栄養と睡眠

毛の成長には栄養が必要です。
口から食べたものが消化吸収され、血液に入り、細胞のすみずみまで運ばれます。
 
しっかりとした栄養のある食事を心がけ、ホルモン分泌の盛んな夜22時から翌2時の間には入眠できるように生活習慣も再度見直しましょう。
 

頭皮にもUV対策を!

細胞と細胞を結びつけているもの(コラーゲンやヒアルロン酸)が、紫外線や活性酸素によって弱くなり支持組織が衰退、つまり老化現象が進みます。
紫外線の強い季節には、帽子や日傘・頭皮用のUV対策をして、ストレスをためないよう心がけましょう。
 

頭皮ケアにおススメ!吉祥寺サントリナの<ヘッドスパ>

「時間もないし、自分ではなかなかケアが出来ない…」と言う方には、サロンでも人気のドライヘッドスパをおすすめします。
 
*ドライヘッドスパ(オプション)*
頭皮の皮脂を取り去り、必要な栄養補給(美容成分)を行います。
全身の血行も良くなり、なんといっても、首、肩、頭痛が軽くなった!とのお声を多くいただいております。
オプションで2,000円のたいへんお得なコースです。
 
目のクマや、ほうれい線にも効果があります。
フェイスラインのリフトアップ効果も高いので、ぜひ一度お試しください!

 
フェイシャルやボディ、ワックス脱毛とご一緒にお申込みくださいませ。


ドライヘッドスパ(オプション)

自律神経とアンチエイジング

2015年11月24日(火)

私たちは、日々ストレスを受けて生活しています

ストレスがたまると、分かりやすい症状に
 
「寝たはずなのに、だるい」
「食欲がない」
「すぐにイライラする」
「何もする気になれない」

 
などがあります。
 
私たちは、「人間関係・収入・仕事・学校」で受けるストレスのほかに、「大気汚染・季節・気温の変化・紫外線・天候」からも日々ストレスを受けて生活しています。
 

神経系は大きく2つに分けることが出来ます。
1つ目は、主に内蔵のはたらきを調節している「自律神経系」で、自分の意志とは関係なく働いています。
2つ目は、意識して話したり動いたりするときに筋肉をはたらかせる「随意神経系」です。
 

自律神経はバランスよく保たれていることが大事

自律神経には「興奮状態のときの交感神経」「リラックス状態のときの副交感神経」があります。
 

例えば、自分の部屋でリラックスして読書している時に、突然家の外で大きな爆発音がしたら・・・。
誰でも、びっくりして、一気に緊張するはずです。
全身に力が入り、脈も速くなります。
 

そのとき体内では、血圧が上がり、血中のブドウ糖が増え、胃腸の運動が弱まり、消化液の分泌も止まっているそうです。
これは、自律神経の中でも「交感神経」が優勢の状態です。
 

交感神経」と「副交感神経」は、同じくらいでバランスが保たれています。
しかし、ストレスが多く、「交感神経」ばかりが優勢だと内臓の働きが乱れ、体調も崩してしまいます。
 

日中受けたストレスをその日のうちに解消することが出来れば問題ないのですが、それはなかなか難しいのが現状です。
 

交感神経が常に優勢だと、内臓のはたらきが狂い、ホルモン分泌にも大きな影響を及ぼします。
美容面では「肌荒れ、くすみ、シワ、たるみ、弾力低下、髪のツヤ」に直接関係してきます。
そのため、見た目も老けた感じに・・・。
 
リラクゼーションの重要性は、そこにあります。
 

アンチエイジングにはリラクゼーションが効果あり!

自律神経とアンチエイジングの関係は、アンチエイジングを考える上で最も重要です。
自律神経のはたらきが順調であれば、いつまでも若々しく輝いていられるといえます。
 
日々のストレスをため込まないうちに、出来るだけリラックスできる時間や環境を確保するのが一番です。
定期的なサロンケアで心身のメンテナンスをするのもおすすめです。
 

心身のメンテナンスに!サントリナのおすすめメニュー

*アロマ ボディ&フェイシャル*


アロマ ボディ&フェイシャル

*アロマ ボディ*


アロマ ボディ

*プリンセスコース*


プリンセスコース

*アロマテラピー〜フェイシャル〜*


アロマ 〜フェイシャル〜

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る